明治薬科大学薬学部の偏差値や特徴、入試情報を詳しく解説!

明治薬科大学薬学部の偏差値

明治薬科大学薬学部の偏差値

明治薬科大学薬学部には、生命創薬科学科(4年制)と薬学科(6年制)の2つの学科があります。

薬学科は薬剤師になるべく臨床業務のための薬物治療学や症例解析演習などがカリキュラムに組み込まれており、実践的で充実した臨床教育の環境を提供しています。

そんな明治薬科大学薬学部薬学科の偏差値平均は59.3とされており、私立薬学部の中では非常に高い数値となっています。

一方、明治大学薬学部生命創薬科学科の偏差値は50.3で薬剤師資格を得られる6年制の薬学科とは少し偏差値に開きがみられます。

しかしながら、いずれも将来医療系に携わる職業に就きたいと考えている学生には非常に良い環境で学べる学科であるため、人気が高く競争も激しいというのは変わりません。

明治薬科大学薬学部の特徴

明治薬科大学薬学部の特徴

明治薬科大学薬学部では、医薬品のスペシャリストを育成するためにあらゆる手段で徹底した指導を行なっています。

患者の病気や怪我を治療するために医師や看護師などと連携して作業を進めることができる優れた薬剤師になるために、多くの学生たちが勉学に励んでいるのです。

明治薬科大学薬学部の大きな特徴として、個別学習にも力を入れている点があります。わからない点は気軽に質問できるアットホームな雰囲気も薬学部の魅力となっています。

的確なアドバイスを与えてくれる親しみやすい教授陣も、学生たちから圧倒的な人気を得ているのです。立派な薬剤師になるために、常にお互いが切磋琢磨を重ねています。

明治薬科大学薬学部に入学することで、より一層の成長につながります。

明治薬科大学薬学部の入試情報

明治薬科大学薬学部の入試情報

明治薬科大学薬学部の入試情報によると、入試は前期と後期で分かれて行われています。両学科併願の場、入学検定料が45000円に減額される決まりとなっています。

入学検定料の減額は、同一方式同時出願された場合のみ適応となるので注意しましょう。前期で行われる個別学力試験は3教科300点満点形式になっています。受験科目は数学、理科、外国語です。

後期に行われる個別学力試験は、3教科350点満点形式となっています。受験科目は数学、理科、外国語です。

またこのほかにも英語・数学・化学の学力試験と面接によって合否を判断する公募制推薦入試やセンター試験利用入試、そしてセンター試験・個別試験併用入試などといった試験で受験することが可能となっています。