慶應義塾大学薬学部の偏差値や特徴、入試情報を詳しく解説!

慶應義塾大学薬学部の偏差値

慶應義塾大学薬学部の偏差値

慶應義塾大学薬学部の偏差値は、私立大学の薬学部の中でもトップクラスの偏差値で65.0となっています。

東京大学のすべり止めとしても受験されることもあるぐらいのため、難易度もかなりあります。

慶應義塾大学薬学部で課せられる試験科目は英語・数学・化学で各教科100点ずつのトータルで300点が得点の配分になります。

合格最低点はトータルで6割の正答があれば合格レベルで、合格最低点は低めに推移しています。ただ各教科の問題の難易度が標準から難関まで分布しているため、しっかりと受験対策を行っていないと解答が難しい問題も存在します。

慶應義塾大学薬学部のレベルに近い私立大学としては、北里大学や東京理科大学の薬学部を併願されることも多い傾向が見られます。

慶應義塾大学薬学部の特徴

慶應義塾大学薬学部の特徴

慶應義塾大学薬学部は、将来薬剤師を目指している学生のために全力であらゆるサポートを行なっています。その特徴としては、実績豊富な教授や講師がノウハウを最大限活かして質の高い授業を提供している点が挙げられます。

医薬品に関する専門知識や高度なスキルをわかりやすく丁寧に指導していますので、即戦力となる優秀な人材を数多く輩出しているのです。

さらに、慶應義塾大学薬学部は就職活動にも非常に高い実績があります。病院や薬局、製薬会社など幅広い職場で活躍できるよう徹底した技術指導やコミュニケーション能力を高める授業にも取り組んでいるのです。

このように、上質な指導をしっかりと行うことで、満足度の高い結果へと繋がっています。

慶應義塾大学薬学部の入試情報

慶應義塾大学薬学部の入試情報

慶應義塾大学薬学部の入試情報としては、一般入学試験と帰国生入試と留学生入試と指定校による推薦入試と塾内進学の5つの入学方法があります。

一般入学試験では、薬学部には、4年制の薬科学科と、6年制の薬学科で受験問題の違いはありますが、試験科目はどちらも同じです。

薬学部の試験科目は、化学基礎と化学からなる化学と、コミュニケーション英語と英語表現からなる英語と、数学1と数学2と数学Aと数学Bから出題される数学の3教科です。

帰国生入試と留学生入試は、薬学部の場合は4月からの入学のみで編入制度は無く、過去問の配布も行ってないです。

指定校による推薦入試は、指定校からの学校長推薦に基づく推薦入試制度です。塾内進学は、高等部の成績上位者から、行きたい学部を選んでいく制度です。