薬学部系で偏差値の高い有名な大学はどこなのか、一覧にしてみた

慶應義塾大学薬学部の偏差値は?

慶應義塾大学薬学部の偏差値は?

慶應義塾大学といえば、昔からあったわけではなく、共立薬科大学を吸収する形で2007年に誕生しました。データによると、薬学部薬学科は、2010年の受験者1810名に対し、合格者は355名、2011年は受験者1677名に対して合格者323名とのことですので、偏差値が高く、高倍率ということになります。難易度は非常に高いということになります。ここの特徴としては、抜群のブランド力があるので、就職に有利です。

塾・予備校探しなら逆転合格の武田塾

東京理科大学薬学部の偏差値は?

東京理科大学薬学部の偏差値は?

東京理科大学薬学部は薬学科と生命創薬科学科の2学科からなる学部です。薬学部の偏差値が高いことは東京理科大学でも例外ではなく、大学受験のパスナビの公表している偏差値は57.5-62.5となっています。その受験科目は数学(Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,A,B)、英語、科学からなっており薬学科と生命創薬科学科2つの併願も可能です。6年制の薬学科は薬剤師の資格を取得するために医療薬学実習、薬学教養試験、実務実習を得て国家試験の受験資格を得ることが特徴です。4年制の生命創薬科学科は先端医療を支える人材を育てるカリキュラムであることが特徴です。

薬学部偏差値ランキング

星薬科大学薬学部の偏差値は?

星薬科大学薬学部の偏差値は?

星薬科大学薬学部は6年制である薬学科と、4年制である創薬科学科の2つの学科からなっており、独自の教育を展開しています。薬学を学ぶ人は自然科学はもちろん社会科学、人文科学と言った幅広い知識と深い理解力が必要なので、大学入試における偏差値は一般的な学部と比較すると高くなっています。薬学部は薬剤師の育成を主目的としているため、入学してから薬学準備教育科目、学年が上がると薬学専門科目と専門的な勉強が多いという特徴があります。

人気大学の偏差値情報は偏差値テラスでどうぞ

北里大学薬学部の偏差値は?

北里大学薬学部の偏差値は?

北里大学薬学部の偏差値は62です。私立では慶応、東京理科大学に次ぐ高い偏差値ですが、薬学部では星薬科大、立命館、近畿、京都薬科、福岡、明治薬科、大阪薬科、昭和薬科、東京薬科など62から56の偏差値がほとんどですので併願を考慮するとかなり厳しい競争率になります。4つの大学病院との密接な連携があり、充実した教育環境が魅力です。薬学部、看護学部、医療衛生学部、保健衛生学院、看護専門学校とともにオール北里チーム医療演習を行っているのが特徴です。

明治薬科大学薬学部の偏差値は?

明治薬科大学薬学部の偏差値は?

明治薬科大学薬学部には、薬学科と生命創薬科学科があり、偏差値は56となっています。一般試験は英語・数学・化学の3科目で各100点であるのに対して、後期試験になると英語と数学は各100点ですが、化学のみ150点の配点となります。またセンター試験併用の場合は、センターの英語と数学が各200点のほか、個別の化学が300点と、薬学部に多い化学重視となっているのが特徴です。なお明治薬科大学薬学部からの国家試験合格率は94.59%と高いです。